自然遺産小笠原諸島の海底に眠るラム酒。新たな特産品に期待大!

SS1

日本が誇る自然遺産、小笠原諸島。
この自然遺産の青い海の底で熟成させた「海底熟成ラム酒」ができました。

小笠原諸島・母島の南側にある波の穏やかな入り江から、船で10分ほどの沖、深さ約15メートルの海底にラム酒約1200本が沈められているとのこと。

もともと母島では、サトウキビでつくる特産のラム酒が特産品として人気でしたが、そのラム酒に新たな価値がプラスされることになります。

小笠原が好きな方、お酒が好きな方は是非!

動画の基本情報

動画タイトル 波の揺らぎで香味まろやか 海底熟成ラム酒
チャンネル名 朝日新聞社
再生時間 0:27
動画URL https://youtu.be/5GWYy7LO0B4

SS1